So-net無料ブログ作成

2011年 夏の旅(10)サンフランシスコ→サンディエゴ [仲良くごはん]

翌朝、まだ薄暗い中、起き、ちゃちゃっと朝ごはんを食べる。乗り合いタクシーが時間通りに迎えに来てくれた。次は直子さんの親戚のマサさんに会いに、サンディエゴへ向かうのだ。

パッケージのかわゆいヨーグルト。味もGood.
DSC00461.jpg

サンディエゴは暑いくらいだった。空の青も、空気も、サンフランシスコと明らかに違う。
DSC00466.jpg

ホテルに着いて、サンディエゴ在住のジョーとやりとり。疲れと空腹で不機嫌になった私。直子さんに八つ当たりして傷つけてしまった(と思う)。我に返って、そんな自分勝手な自分に嫌気がさし、泣けてきた。私は自分の体の調子を良くしておかないと(特に、睡眠不足と空腹を避けないと)絶対ダメになってしまう人間だな、と実感。。。究極を言えば、飢えたら人も殺してしまうだろう。とてもおそろしい。でも、そんな自分に直面。
気を取り直して、直子さんと軽くごはんを食べに行った。夕方に、ジョーとオールドタウンで待ち合わせて、メキシコ料理だから加減した。スーパーで朝食を調達。ベーグルとかチーズとか。
DSC00467.jpg

夕方、バスに乗ってオールドタウンへ行き、無事にジョーと会えた。4年前くらいに大阪で会っただけだから、2回目。しかもそのときはお互いに酔っぱらっていたから、あんまり覚えてない。そんなジョーとキャラメルとチョコのお店でお土産を買った後に、メキシコ料理のお店へ。
DSC00469.jpg

席が空くまで奥のバーでマルガリータを飲む。ラティーノのバーテンダーがめちゃかっこいい。おじさんだけど。直にテーブル席に移動し、トルティーヤとコーンのスープ。これが食べたかったんだよね〜。豆系のペースト好きなもので。どれもこれもとてもおいしい。スープはテールスープの味がした。
DSC00474.jpgDSC00476.jpg

ジョーは、屠場の研究者であり、部落問題のこともよく理解している。日本語もぺらぺら。直子さんの木地屋さんの話も興味津々で聞いていた。私の「寝た子を起して仲良くごはん」というキャッチフレーズも痛く気に入ってくれた。またここでもそれぞれが自分のことを語り、お互いの話を聞いていた。とても良い時間が流れていた。お開きとなり、バス停までジョーが来てくれてハグして別れた。


*お気に入りのメキシコ料理のお店 マンマ@新潟・人情横町

*ジョーも登場する本。

世界屠畜紀行

世界屠畜紀行

  • 作者: 内澤 旬子
  • 出版社/メーカー: 解放出版社
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。