So-net無料ブログ作成

2011年 夏の旅(11)サンディエゴ [仲良くごはん]

直子さんが行きたいと言っていたバルボアパークにある民芸美術館“Mingei”へ向かう。だいたい地理がわかってきた。公園の周り、サボテンが生えていて、南に来たことを実感。
DSC00482.jpg

"Mingei"では、雑誌『We』で知ったニキナナに遭遇!ナナが頭上を飛んでいるぅー!!
DSC00504 2.jpg

上から見たナナ。なんておおらかな、おしりと太ももなんだろう。ナナに出会って、私のおしりと太もももいいじゃ~ん、と思えるようになったんだよね。しばしナナを下から上から眺める。
DSC00483.jpg

ジョージ・ナカシマという人の机や椅子が並んでた。ここの美術館の目玉のようである。直子さん、学芸員さんといろいろ話していた。キルト展もやっていて、たのしい。
DSC00494.jpgDSC00497.jpg

公園にあらわれたニキのもう一つの作品。おっきくて、カラフルで、すごい勢いを感じる。
DSC00506.jpg

ホテルに戻ると駐車場にマサさんらしき人を発見。やっぱりマサさんだった。マサさんと直子さん、再会を喜び会っていた。マサさんにカフェに連れて行ってもらい、ランチ。ニューヨークで生まれ育ったマサさん、82歳。私が部落問題のことを話すと、高校生の頃、日本から来た先生が、部落差別のことを教えてくれたんだそう。もっとマサさんともお話をしたかったし、直子さんとも旅を続けたかったけど、帰国の時間が近づいてきた。最後に、海辺を少し散歩。
DSC00523.jpg

このあと、直子さんとお別れなんだなぁ、と思うとしんみり。小柄な直子さんの後ろ姿を追いながら、「直子さんがんばれ~!」と心の中で叫んだ。
DSC00526.jpg

タクシーが私を迎えに来た。直子さんなら大丈夫という気持ちと、心配する気持ちがないまぜになり、ボロボロ泣きながらお別れ。次の旅はぜったい日本まで一緒に帰る二人旅がいいなっ!
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。