So-net無料ブログ作成

なんとしても、ファン・ウンドと出会ってください! [おすすめの催し]

「劇団態変の韓国公演を共に実現する会」呼びかけ人の愛沢革さん(詩人・翻訳家)は、
2009年9月『ファン・ウンド潜伏記』劇評で、
“『ファン・ウンド潜伏記』公演が、セリフに頼らない舞台表現でありながら、その独特な身体表現の力によって、観る者が、表現への思わず知らずのコミットメント・想像を刺激される、そういう仕方で、ファン・ウンドという人物とその同胞たちの物語が、観る者ひとりひとりの想像された時空間の中に現前する”
という内容のことを書かれていました。
そうなんです、これが態変の表現をみることの、おもしろさなんです。
舞台の上で起こっていること、その一つひとつを凝視したり、全体を見渡したり、目を閉じてからだで感じてみたり。
みたことのない人にはなかなか伝わりにくいと思います。
一度みたとしても「なんじゃこりゃ???」と思うこともあり、実際私はそうでした。
でも、みる側の私も時間とともに確実に変化していて、見続けていくことで自分が何を感じるか、その変化を見出すこともできるのです。
もう、ぜったいにこの機会を逃してほしくなーい!それで、私はみた人たちと一緒に何を感じたのか語り合いたい。そして、そして、3月韓国にもっていくこの作品を応援してくださる人も増やしたい。
欲張ってしまいますが、それくらいに呼びかけたい、今、日本に生きる人たちにみられるべき作品、必要な芸術作品だと思います。
『ファン・ウンド潜伏記』2011年大阪公演
演出家から作品紹介
チケット予約ページ

1/13(木)〜16(日) いよいよ劇団態変公演@大阪! [おすすめの催し]

2011年3月韓国公演が近づいてきていますが、この作品を日本で目にすることができる大阪公演のお知らせです。態変の公演を見たことがない人も、一度見たけどよくわからなかったという人も、ぜひ来てください!態変の舞台でしか感じられない何か、自分の中でぐわんぐわんと揺さぶられる何か、があります。役者が全身全霊を込めて表現しようとするものは何なのか、ぜひ感じ取りに来てほしいです!
------------------------------------------------------------------
精華演劇祭2010 AUTUMN/WINTER参加公演
男は旅に出た2 『ファン・ウンド潜伏記』 作・演出 金満里

【日時】
2011年1月13日(木)19:30開演
       14日(金)19:30開演
       15日(土)14:00/19:00開演
       16日(日)14:00開演
(各回共に、受付開始は開演60分前 開場は開演30分前となります)

【会場】
大阪なんば 精華小劇場

【チケット】
・前売(一般)3000円、(学生・シルバー)2500円、(障害者+介助者ペア) 5000円
・当日 3500円

[お問い合わせ]
劇団態変
電話 06-6320-0344
インターネット予約はこちらから

『ファン・ウンド潜伏記』ダイジェスト映像劇団態変の韓国公演を共に実現する会編集)

年末年始のスイーツ [ある日の風景]

クリスマスには間に合わなかったけれど、年末のある日、クリスマスプレゼントがやってきました。
・・・シュトーレン!!! しかも2種類。ひまわり(の種の)パン付き。
大好きなんです、シュトーレン。(覚えておいてください!)
毎年12月には、これぞ!という味と出会うべく、シュトーレンを買い求めているのです。
おすすめのお店あれば、ぜひ情報ください。
シュトーレンって何が賢いかというと、保存食なので、1ヶ月くらい日持ちすること。
なので今も大切に一切れ一切れ食べています。うふふ〜。
SANY0035.JPG
*シュトーレンはこちらの→ ラパンノワール くろうさぎ

実家から帰るときに、お菓子とか果物とかいっぱい土産を持たせてもらったので、今は家におやつ充実でうれしいです。
子どもの頃から変わらない味って落ち着きますね。
SANY0057.JPG

今はシナモンミルクティーを飲んでいます。しあわせ〜。

2011.1.22(土) 金時鐘さん講演会 [おすすめの催し]

お世話になっている友人から届いた講演会情報です。
非常に学びたいテーマであり、私も行きたいのですが、先約があり参加できません。すごく残念です!
参加できる方、ぜひ!!
(下記、転載)
最近マスコミでも「済州島4・3事件」が取り上げられるようになりましたが、その当事者でもある詩人の金 時鐘(キム・シジョン)さんをお迎えして下記のとおり講演会と対談が行われます。
関心のある方はぜひお越しください。

講師:金 時鐘(キム・シジョン)さん
日時:2011年1月22日(土)午後1時30分~4時
   講演テーマ:「私の日本語の由来」 午後1時30分~2時30分
   対談テーマ:「何もなくさない日本語教育とは」 午後2時45分~4時
場所:豊中市千里文化センター「こらぼ」 2階 集会場
チラシはこちら

3月末、スタディーツアーinオランダ♪ [おすすめの催し]

友だちのみどりちゃんがやっているCORE+から届いた情報です。
教育の多様性の国・オランダでツアーをするそうなんです!
すっごく勉強になりそう、楽しそう!
興味のある方はこちらへ。

どんな1年になるかしら♪ [ある日の風景]

元旦の夜に、韓国人の友だちに会いにいった。
韓国は旧暦のお正月にお祝いをするので、年末年始は日常。
彼女と二人で将来のこと、たくさんしゃべった。
大いに刺激を受けた。

<2011年やること>
・3月までは「劇団態変の韓国公演を共に実現する会」の活動。
・当たり前だけど、仕事。もっと集中して、もっと勉強しないといけない。
・自分の体をいたわること。料理、銭湯、睡眠。
・英語。夏にNさんとサンフランシスコを旅できるように。
・韓国語。韓国の田舎に行って、そこに暮らす人たちとしゃべられるように。

*朝ごはんが大事なんですって!
SANY0014.JPG

人間と人間で出会いたい [ある日の風景]

お正月ってほんと、だらだらして過ぎていく~。
去年は旅の番組見てたけど、今年はあんまりやっていない。
BSでやっていた、100年前のアメリカを記録したフィルムを紙に焼き付けたペーパープリントのドキュメンタリーを見る。米西戦争のとき、人々が当時エジソンによって発明された映像技術により戦争についての情報を得ていたこと、しかも娯楽的に見聞きしていたのだということを知った。
夜には、森達也さんがNYを訪ねる番組がやっていた。
「歴史学者 J・ダワーが語る“アメリカ テロとの戦い”」

同じ人間であることを理解すること。
そんな、当たり前にできそうなことができない世界を生きている。
善と悪、敵と味方。
その関係の中にはまってしまったら、「人間であること」の想像力が欠如してしまう。
戦争は、相手を偏見でもって悪・敵とみなし、人間として見ないからこそ、成立する。
そんなことをいろんな立場の人たちへの取材を通じて語られる言葉で、番組は伝えていた。

人前で自分を語ることがおっくうになっている自分がいる。
それは何故か、なんとなくわかった気がする。
1人の講師 対 大勢の聴く人 の間には、お互いが人間であることが、どうしても抜け落ちてしまうのだ。
自分が、「部落出身者」や「講師」というシールをぺたっと貼られる感覚。
それは、一人の人間として見られるということとはちょっと違っていて、その違和感は、私の中で沈殿していく。
私も聞いている人の一人ひとりの人間性を感じたいと思っても、実際は、大勢の人を前にして、短い時間の中でできていない。

私は、人間と人間で向き合い、言葉を交わせるところにいたい。
出会うこと・語ることが嫌なのではないだろう、きっと。
出会い方・語り方の質を変えないと、しんどくなってしまう、ということだ。
だいたい、出会い語り合うことをやめてしまったら最後、偏見・差別の落とし穴にはまって、抜け出せなくなってしまう。

人間対人間で出会い、言葉を交わしたいと思って、実際にそのように行動することは、私が個人的に日常的にできる、戦争しない世界をつくるための一歩なのだ、とわかった。
そのことに自信を持って、やめずにやっていこう、と思えた。

だらだらと過ぎていく1日に自己嫌悪していたけれど、良い番組を見ることができてよかったなー。

大晦日の買い出し [ある日の風景]

はや2010年最後の日です。29日の夜に実家に戻ってきました。
今日は大阪もめっちゃ寒いです!京都は雪がつもっているそうな…。
大晦日は毎年恒例、父か母とおせちの買い出しに行きます。
父はもう、ずぅ〜っと酔っぱらっていて「このおっさん!ええかげんにせい!」とキレまくっている私です。酒に呑まれるな!っちゅうに。まったく。。。
そんな中、酔っぱらい度の低い午前中に、父と近所のおそうざい屋さんにおせちの買い出しに行ってきました。
栗きんとんの「きんとん」は好きですが、「栗」は単価が高いし、少なめでいいのに、パックに大量に栗を入れている…。高い…。
続いて、母とお供え物のお菓子やフルーツ、足りない食材とかを買いに行きました。
帰ってきてやっとこさ年賀便りを完成させましたー!
ブログご覧になってくださっているお友達の皆さんには来週くらいに届きます。
暇つぶしに読んでくださいね。
さあ〜、ブログも更新しますよー!

実家の冬のメニュー:大根炊き with 油かす
やっぱり、おいしいなぁ。
SANY0048.JPG

さようなら2010年<楽塾謝恩会> [仲良くごはん]

お世話になっている西成の「楽塾」の謝恩会に呼んでいただく。
おっちゃんたちと久々に会った。みんな元気そうでよかった、よかった。
SANY0016.JPGSANY0023.JPG
西成製靴塾で学んで今はご自身のブランドを持っておられる同世代の靴職人さんとの話がおもしろかった。
Yさんとも久々にお会いできて、うれしかった。Yさんはかっぽう着を作っておられる素敵な女性なのです。
1月末に玉造で個展をされるそう。行きたいな、行こうかな!
*お話した若き靴職人さんのブランドのページ:小林製靴
*Yさんのページ:日々譚

2010年下半期、桃李園で食べたメニュー [仲良くごはん]

9月と12月に桃李園に食べに行きました。その記録写真集です。
どうぞみなさま、全国津々浦々より、桃李園のお料理を味わいにいらしてください。
重要無形文化財に指定してほしいくらい、おいしいです!

*9月:チャプチェ、香草(パンワ)のチヂミ、地鶏のお鍋など。
京都在住の皆さんで集まりました。
この、地鶏一羽まるごと鍋、あったまるし元気でるんですよ〜。
SANY0007.JPGSANY0015.JPGSANY0017.JPG

*12月その1:トッポッキ、白菜のチヂミ、焼き肉、モツ鍋など。
いろんな先に声をかけて、実施。
初めて会う人同士なのに、ぜんぜん違和感なく楽しく話しておられました。
忙しい中、集ってくださった皆さん、ありがとうございました!
楽しくって、久々に記憶が飛びました。
手で割いて食べる白菜のチヂミが甘くておいしすぎ!
SANY0029.JPGSANY0034.JPGSANY0036.JPGSANY0043.JPGSANY0042.JPG

*12月その2:茶碗蒸しみたいなの、トッポッキ、焼き肉、海鮮チゲ、ハチノス、黒豆酒饅頭など。
12/24ライブの告知記事を書いてくださった記者のNさんとNさんとOさんとまた桃李園に行った。
桃李園のあと、Mさんの酒房へ。ここに行くとステキな女の人に会えるんですよね。
それにしても、よく飲んだなぁー。でも良いお酒ばかりだったから翌朝スッキリ。すばらしい。
SANY0037.JPGSANY0038.JPGSANY0040.JPG

年末だからと言って、おいしいものばっかり食べ過ぎかも。
年が明けたらもう少し質素にしよう。。。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。