So-net無料ブログ作成
検索選択
読みもの&映画 ブログトップ
前の10件 | -

世界記憶遺産 [読みもの&映画]

今朝ラジオを聴いていたら、わ〜!といううれしいニュース。
炭鉱で働いてきた酒と絵が大好きな作兵衛じいさん。
子、孫に自分が生きてきた時間を伝えたいと描き残した絵の数々。
ほんとに世界記憶遺産にふさわしいと思う。
今晩出かけた梅田の、紀伊国屋書店の前の巨大テレビ・BIGBANにて作兵衛さんのニュースが流れていて、大画面で炭坑で生きてきた人たちの絵が紹介されていた。
それを見てまたうれしくなった。
----------
<世界記憶遺産>山本作兵衛の作「筑豊炭坑画」国内初登録に
毎日新聞 5月26日(木)1時11分配信
 日本ユネスコ国内委員会事務局に25日入った連絡によると、福岡県・筑豊の炭坑労働の様子などを独特の手法で表現した画家、山本作兵衛(1892~1984年)の原画や日記などが、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「メモリー・オブ・ザ・ワールド」(MOW、通称・世界記憶遺産)に登録されることが決まった。日本の歴史資料のMOW登録は初めて。
 山本作兵衛は福岡県笠松村(現・飯塚市)出身。14歳から筑豊各地の炭鉱で働いた経験を基に「子孫にヤマ(炭鉱)の生活や人情を伝えたい」と64歳から炭鉱労働者の日常を墨や水彩で描いた。余白に解説文を添える手法で1000点以上の作品を残し、うち約600点は福岡県有形民俗文化財に指定されている。
 申請していたのは、遺族が田川市石炭・歴史博物館などに寄贈するなどした1914~84年ごろの作品589点と日記・メモ類108点。狭い坑道で採炭するふんどし姿の男女やガス爆発の惨状、長屋での子供の遊びなど、当時の暮らしを克明に伝えている。
 田川市は当初「九州・山口の近代化産業遺産群」の一環として旧三井田川鉱業所伊田竪坑櫓(たてこうやぐら)などの世界遺産登録を目指していた。09年10月、審査で外れたが、関連資料として提出した作兵衛作品を海外の専門家らが絶賛。同市は昨年3月、MOW事務局に日本で初めて申請した。【荒木俊雄】

 ◇世界記憶遺産◇
 文書や絵画、音楽、映画など歴史的資料の保護を目的に92年、ユネスコが創設。政府申請に限る世界遺産と違い、自治体や個人でも申請可能(1カ国2件まで)で、真正性や希少性などを審査し隔年で選ぶ。フランス人権宣言(1789年)やベートーベン第9交響曲の草稿(1824年)などが登録されている。
----------
記憶遺産:世界が認めた作兵衛絵画 炭坑生活の明暗 克明に
 「炭坑生活の実態が明らかになるのを嫌う声もあったが、父の残した物が世界に認められたと思うと、とてもうれしい」。炭坑画家、山本作兵衛(1892~1984年)の絵画や日記などが国内初の「世界記憶遺産」に決まり、三男の照雄さん(75)=福岡県飯塚市相田=はしみじみと語った。
 作兵衛は7歳から父の炭坑労働を手伝い、63歳まで採炭夫や鍛冶工として働いた。残された日記には21歳から周囲の出来事が克明に記され、これが65歳から描き始めた記録画の下敷きとなった。
 題材は坑内労働や生活ぶりに加え、労働争議やリンチ、外国人労働者問題など「暗部」にも切り込み、作風には関係者から異論も聞かれた。ただ照雄さんから見た作兵衛は「絵と酒をこよなく愛し、寡黙だがとても優しい父だった」。
 絵を描く時は必ずそばに一升瓶があり、親しい人が酒を持参するとしばしば絵を描いて渡したという。福岡県立大が保管する死の1カ月前の日記には「酒1級 白鹿2 月桂冠2 松竹梅1」と、差し入れと思われる記述も。だが照雄さんは「決して酒には飲まれず、どんなに酒が入っても絵を描く時は『よし、描くぞ』と真剣そのものだった」と語る。
 一方、照雄さんの長女、緒方恵美さん(50)は「とても手先が器用で、玩具や額縁、小さなタンスまで作っていた。タンスには製作年月日も記されていた」ときちょうめんな祖父を懐かしんだ。
 緒方さん方に残る、スケッチブックの60年4月のページには「蛇足迷語」と題してこうある。「地球の上に軍人あり武器がある以上絶対戦争、人殺しが起こらないと予言できませうか文明を誇る先進国ほど原爆実験に大童(おおわらわ)ではありませんか」。緒方さんは「祖父の発想には、いまだにいろいろ考えさせられる」と話していた。【荒木俊雄】

筑豊炭坑絵物語

筑豊炭坑絵物語

  • 作者: 山本 作兵衛
  • 出版社/メーカー: 葦書房
  • 発売日: 1998/07
  • メディア: 単行本


*私は作兵衛さんの絵を、森崎和江さんの本で知りました。『まっくらー女坑夫からの聞き書き』という森崎さんの本の挿画になっていたのです。

恩師の記事 [読みもの&映画]

今日の朝日新聞滋賀県版に、恩師の記事が載っていました。
しかも、記事を書いたのは大学時代の木野ゼミ仲間の大西くんです。
写真付き記事はこちら → 
内容も貼付けます↓
◇その時・・・◇「将来の差別 心配」
2011年03月29日
【立命館大教授 木野茂さん(69)】
――福島第一原発からの放射性物質の流出が大きな問題になっています
 環境やエネルギー問題を考える講義を20年近くしている。放射線による被曝(ひ・ばく)の危険にも触れてきたので、東日本大震災の直後から学生や卒業生からよく相談を受ける。茨城県で働く教え子の女性は、沖縄出張中に地震が起き、上司からすぐ戻れと言われて悩んでいた。若い女性や子どもに影響が大きいからだ。
 深刻な問題もはらんでいる。公害事件となった水俣病では「患者が出た町から嫁をもらうな」と言われ、出身地を隠して県外に嫁ぐ女性もいた。あってはならないことだが、原発に近い地域の人たちが同様の差別を受けないか、とても心配だ。
 ――水や野菜から国の基準値を超える放射性物質が検出されています
 畜産物や海産物に広がる懸念もある。ただ、流通規制など政府の対応の速さは一定の評価ができる。一方で無責任とも言える発言もあった。政治家も、専門家も「直ちに健康に影響はない」というフレーズをよく使うが、被曝から時間がたって影響が出る「晩発性」のがんなどをどう考えているのか。長期的に出る影響も踏まえて対策を考え、説明する必要がある。
 そもそもメディアに出てくる「原子力の権威」と称される研究者の多くは原子力政策を支えてきた人たちだ。慎重な立場だった専門家は、今回も発言の機会を十分与えられていないように映る。
 ――県内でも水などの買い占めが起きています
 原発の事故は、関西の人たちにとってもひとごとではない。福井県の若狭湾周辺は15基もの原発が集まり「原発銀座」とも言われる。日本はエネルギーの2割以上を原子力に頼り、関西電力管内では、その比率は半分ほどにもなる。戦後、自民党政権が進めてきた原子力政策を受け入れてきたのは、私たちだということを忘れてはならない。改めて原発政策と向き合う時期に来ているのではないか。
 被災地では多くの人たちが悲しみ、寒さ、不便さ、そして放射能の恐怖と闘っている。原発から離れたくても、高齢などの理由で動けない人も多いと聞く。そうした中で、今まで通りの生活を求めて買い占めをするのは、決して正しい行動ではないはずだ。我々日本人は、いま起きているリスクを等しく受け止める覚悟がいる。(大西英正)

--
今朝、家を出る前に聞いていたラジオで、内橋克人さんが原発問題について取り上げる中で、原発のことも含めてエネルギーに関する教育を早いうちからやらないといけない、と言っていた。大西くんの記事を読みながら、しみじみ、ほんと学ぶ機会があるとないとではぜんぜん違うなぁ、と思った。私も大学で木野先生の授業を受けなかったら、原発に対する意識も水俣病のことも知らないままだったかもしれない。

原発事故に関する信頼できる情報源 [読みもの&映画]

日本政府の言っていること、まったく信用できない。なにか重要なことを隠してるんだと思う。
ということで、信頼できる情報源いくつか、もしまだ見聞きしていない情報があれば共有できればと思って、ここに記します。

●木野先生の授業で教わった小出裕章先生のラジオでYouTubeから聞けるもの。
http://www.youtube.com/watch?v=W2PhqcIcRZc&feature=watch_response_rev
http://www.youtube.com/watch?v=opqum8p22wo&feature=watch_response
http://www.youtube.com/watch?v=-3nQqL351Bw&feature=watch_response
小出先生の講演会の資料など

●ラブピースクラブの北原みのりさんによる、聞きたかったラジオのテープ起こし
LPCコラム北原みのりのコラム

元原発建設作業員の方の手記

イタリア/原子力政策の選択に関する国民投票(87年)

原発反対と思っているだけでなく、何か具体的に行動しなければと考え続けている。
事故をくいとめるために命がけでやっている現場の作業員の人たちのこと、これからの放射能汚染のこと、東日本に暮らしている友人たちのこと、この国のあり方について、、、ぐるぐるしている。職場に行けばやらないといけないことがあって、いったん横に置いている。横に置きっぱなし、臭いものには蓋、でどんどん人はものを考えなくなって、こういう事態になってしまったのかな、とも思う。思えば、部落問題だけじゃなくて、日本には「寝た子」にさせられている問題ばっかりだ。

今日の新聞に、福島のキャベツ農家の人が自殺した、という記事が載っていた。水俣のときや狂牛病のときと同じで、いつも自然に対する人間のあり方をわきまえ、謙虚に、日々仕事をやっている人たちが、真っ先に傷つけられる。本当に悲しい。
一方で、関西電力の社長が原発重視を強調、という記事が出ていた。何言ってるんだ、この人は!と思ったけれど、関西電力は原子力発電依存度日本一。今使っている電気の半分が原子力発電で作られてる。福島のこと、まったくもってひとごとじゃない。関西に暮らす者として何かやらないといけない〜!
友人の皆さん、今度会ったとき、一緒に考えたいです!よろしく!

私のバイブルって、、、 [読みもの&映画]

私のバイブルって、私のバイブ、みたいですね。
で、思い出した、すごく好きな本。
表紙は大橋歩さんの絵。
フォイルの竹井正和さんが最初につくった出版社リトルモアから単行本が出た本です。
その文庫。↓

バイブを買いに (角川文庫)

バイブを買いに (角川文庫)




私のバイブルと言えば、、、 [読みもの&映画]

ご紹介した劇団態変プロモーション映像「祝福の宇宙 劇団態変の軌跡」は、昨年11/14(日) に、私が事務局をしている「劇団態変の韓国公演を共に実現する会」で主催したトーク企画「共実の出逢いの会/第2回『金満里に聞く ー何故、『身体表現芸術』だったのか?』で紹介した映像や展開された話が骨格になっています。
このときのトークはすばらしかったので、直後に書いた感想をブログにも留めておきますね。
--
劇団態変立ち上げからファン・ウンド韓国公演にいたるまでを映像とトークを通じて知ることができました。
特に、抽象と具体の追究の過程がおもしろかったです。挑発芝居から抽象表現に挑戦し、そして、抽象だけでもない、意味のあるストーリー性も含めて抽象でどうあらわすのか。そこには決して自己満足でなく、表現の受け手を意識した作品があるということ。自己破壊し続けるありようが態変の魅力だと思いました。
それに、態変を見続けていくと、その過程で見る側もどうしたって変化していくので、変化が相互作用してよけいに、予想外の刺激的な表現の現場に出くわせるのではないかな、と。態変の表現はやっぱり見続けたいものですね。同時代に生まれてよかったです。
あと、金さんの「親を越える、親をくう、(親の命をくって)親の分も生きてやる」発言、聞いていてスカッとしました。著書『生きることのはじまり』でも同じように感じる部分あり。
--
私のバイブルは、金さんの『生きることのはじまり』です。
凹んだら読むのです。読んだことのない人はぜひ読んでください。

生きることのはじまり (ちくまプリマーブックス)

生きることのはじまり (ちくまプリマーブックス)

  • 作者: 金 満里
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1996/08
  • メディア: 単行本



劇団態変プロモーション映像「祝福の宇宙 劇団態変の軌跡」

朝日新聞「ひと」欄で出会ったひと。 [読みもの&映画]

毎朝バス停で新聞を読んでいてハッとする記事と出会う。
そんな日の朝は、特別な、静かな時間がやってくる。
2010年7月31日の朝日新聞「ひと」欄に、「見えない暴力の痛みを言葉にするコピーライター 玉山貴康さん」の紹介があった。

こちらに玉山さんの書かれた連載コラムがあり、記事にあった話も出てきます。下の方に続きの記事のリンクがあるので、日付の順に読んでください。

かっこいい人だなー。お会いしてみたいなー。

2010.7.28(水) 初ピンク映画 [読みもの&映画]

ピンク映画300本を撮ってこられた浜野監督なのだから、ピンク映画も観なきゃはじまらない。
というわけで、Teamヤミナベのみんなで京都七条の本町館へ行ってきました。

人生初めて、成人館に入る。なにごとも初体験というのはワクワクするものですね。
60分×3本で1200円。2本目の途中で入ったら、500円にまけてくださった。そういう料金体系になっているらしい。
浜野監督作品「やりまくる人妻たち」、女優さんの体がめっちゃきれいでした!
夫婦間であってもどちらかが望まないセックスはレイプと同じ、という問題提起から始まる、非常に啓発効果の高い映画だと思った。
SANY0001.JPG

終わったあとの打ち上げに参加させてもらい、本町館のオーナー(昭和24年にオープンし、3代目らしい!)やピンク映画情報チラシを作っているピンク映画大好きな方とお話できて、とてもおもしろかった。アダルトビデオとピンク映画の違いを教えてもらったり、本町館でのTeamヤミナベ企画の構想を練ったり。

ピンク映画は配給会社から製作会社へ発注されるとき、セックスのシーンを何割という注文があり、それ以外のストーリーはまったく作り手の自由らしい。だから、60年代や70年代のピンク映画には、公害問題や部落差別を取り入れた映画もあるらしい。
性欲を満たすことを求めて観にくる人たちに、公害のことや部落差別のことを伝えられるなんて、すごく斬新だと思った。というか、食欲をつついて人を連れてきて仲良くごはんする中で、部落のことを語ろうとする私のやっていることと同じ路線ではないですか!?

女性が安心してピンク映画を観れるイベントをやりたい。
今の時代こそ、女性が浜野監督のピンク映画(女性が男性に従属的にならず、主体的にセックスする)を見て、セックスについて女同士で語り合い、自分の性と向き合うことがとても重要だろう。それは、自分の人生を誰かに預けずに、主体的に生きていくということにつながると思うから。

浜野監督って、そのことに40年前から気づいて、取り組んでこられたんだから、ほんとに凄い!

2010.7.25(日) 浜野監督の映画2本 [読みもの&映画]

京都シネマで見てきました!
浜野佐知監督の『第七官界彷徨 尾崎翠を探して』と『こほろぎ嬢』。
映画の紹介はこちら。→ 旦々舎

2010年、私に価値観大転換をもたらした『百合祭』とはまた違った2作品でした。
翠さんがミシンを踏みながら歌を歌うシーンや、行商のおばちゃんから魚を買うシーンがよかった。
こほろぎ嬢も登場人物がおもしろくて不思議な感覚になる。ラストが感動した〜。

「人間の肉眼といふものは
 宇宙の中に数かぎりなく在るいろんな眼のうちの
 わずか一つの眼にすぎないぢゃないか」
(尾崎翠「地下室アントンの一夜」より)

Teamヤミナベのみんなと一緒に、打ち上げに参加さえてもらう。
浜野監督、ほんとにたのしくって、素敵なひと。
SANY0028.JPG

*このときの様子を脚本家の山崎さんがご自身のブログにアップしてくださいました。

*浜野監督の最新作『百合子、ダスヴィダーニャ』を応援しましょう〜♪
 監督の3作品はDVDにもなっていて、購入できますよ!

*尾崎翠の文学。お菓子作りにはまっていた高校生のときに「アップルパイの午後」というタイトルに惹かれて図書室で借りてきた。内容はさっぱり覚えていないので、さっそく読もう。

尾崎翠 (ちくま日本文学 4)

尾崎翠 (ちくま日本文学 4)




田中美津さん『かけがえのない、大したことのない私』 [読みもの&映画]


かけがえのない、大したことのない私

かけがえのない、大したことのない私



タイトルがいいなぁ、って思う。
読み進めていると、元気が出るし、ほっとする。
「6章 啓蒙より共感、怒りより笑い ーミューズカル<おんなの解放>」の台本は傑作!

清先生『ケーテ・コルヴィッツ―死・愛・共苦』 [読みもの&映画]


ケーテ・コルヴィッツ―死・愛・共苦

ケーテ・コルヴィッツ―死・愛・共苦




他者と比べて欠如していることや、孤独であることは、そんなにおそれなくてもいいのかも・・・とこの本を読んで、ケーテ・コルヴィッツという芸術家の生き方を少し知って、思った。

*清先生のまだ読んでいないけれど気になる本。

いのちを生きる いのちと遊ぶ―the philosophy of life (HARUKA SELECTION)

いのちを生きる いのちと遊ぶ―the philosophy of life (HARUKA SELECTION)

  • 作者: 清 眞人
  • 出版社/メーカー: はるか書房
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本



清眞人の世界(先生の絵のページ)
前の10件 | - 読みもの&映画 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。